金融商品販売方針(勧誘方針)について

私たちは、保険その他金融商品の販売の際には「保険業法・金融商品取引法・金融商品の販売等に関する法律・消費者契約法・その他各種法令等」を遵守し、次の姿勢で販売を行うことを方針として定めましたので、ご案内させていただきます。
1. お客さまのニーズにもとづく販売と適切な募集
お客さまの保険、その他の金融商品に関する知識、契約締結の目的、家族状況、財産状況等を総合的に勘案し、お客さまの立場で説明を行うように心掛け、お客さまが最適な保険、その他の金融商品を選択いただけるよう常にコンサルティング販売に努めてまいります。
特に市場リスクが存在する商品については、お客さまの年齢、知識、投資経験等に照らし、最適と考えられる商品をお勧めするとともに商品内容やリスク内容等について適切な説明を行うように心掛けます。
電話や訪問により保険その他の金融商品のご説明を行う際には、お客さまの立場になって、時間・場所等に十分配慮してまいります。
ご契約者間の公平、保険制度の健全な運営のためにモラルリスクを排除し、正しい告知をいただくよう努めてまいります。特に未成年者を被保険者とする生命保険契約については、適正な保険金額を設定した上でお客さまのニーズに合致していることを確認する等、適切な募集に努めてまいります。
お客さま情報について、適正な管理・利用と保護に努めてまいります。
暴力団等の市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは関係を持たず、反社会的勢力に接した場合には、毅然とした態度で対応してまいります。
2. お客さまの声への対応
お客さまの様々なご意見等の収集に努め、お客さまの満足度をより高められるよう努めてまいります。
3. 教育・研修を通じた適切な募集活動
全募集人に対し、法令遵守研修等の計画的な研修を通し教育、管理、指導を行い、適切な募集活動が確保されるよう努めてまいります。

権限明示

当社の生命保険募集人は、お客様と生命保険会社の保険契約の締結の媒介を行う者であり、保険契約の締結の代理権はありません。従って、保険契約は、お客様からの保険契約のお申し込みに対して生命保険会社が承諾したとき有効に成立します。なお、当社の生命保険募集人には告知受領権はありません。

当社の損害保険募集人は、損害保険会社との委託契約に基づき、保険契約の締結の代理権及び告知受領権を有していますので、当社との間で有効に成立したご契約につきましては、損害保険会社と直接締結されたものとなります。

このページのトップに戻る